« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月17日 (金)

愛し合ってるかい!

先日、数年ぶりにある男が店に来てくれた。
可愛い後輩を数名連れて来てくれるというのだ。

AWANO.IZUMI。

その男は、約束の時間から1時間遅れて、
仲間を1時間待たせて、

酩酊&千鳥足で登場した(笑)

聞いたら、
「近所で昼の12時から飲んでた」らしい。
たしかに超酒臭い。

って今19時だぜ(笑)
昼から7時間も飲んでいたんだ。

相変わらずロックな男だ。

以前、この人は某レコード会社で、
忌野清志郎さんやブランキーを担当していた。
風貌も清志郎さんに似ていて、
いかしたバイクに乗っていて、
外見も中身もロックな男。

まあただの酔っぱらいロッカーだけど。

で、数年ぶりに会えたと思ったらすでに酩酊状態(爆笑)
右も左も分からない状態で、
トイレの場所も間違えながら、
また2階の座敷で黒糖焼酎朝日をロックで飲み始めた。
それを後輩は、
微笑ましく見守っている。

AWANOさんは、また、グイグイ飲み始めた。

1時間後、
千鳥足でAWANOさんは、
「先に帰る」と言った(笑)
右も左も分からない状態で、
本当に一人で帰れるのかなあ。

でも、

後輩の分まで全部、
飲み代を支払った。
その時だけは、シャキッとしていた。

「また来るから」

そう言って、
また酩酊状態に戻って、
ハグして、
後輩の方をたたき、
「お前ら、ガンバレ!」
って言い放って、

フラフラ帰って行った。

駅とは逆の方向に。

AWANOさんはただの酔っぱらい。
なぎら健壱の文庫本をスリムデニムの腰にさし、
傷だらけのレザージャケットを着込み、
金髪から黒髪に戻っていたけど、
フラフラしながら、

ロックに生きている。

AWANOさん、

また飲みに来てよ。

いや、

今度はどこかに一緒に、
飲みに行こうよ。
黒糖朝日、奢るよ。

Awano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

live forever

今日はジョン・レノンの命日。
様々なことを思う。思い出す。

僕はN.Yに行くたびに、
セントラルパークにある「ストロベリーフィールズ」に行く。
ここはジョンの奥様、ヨーコ・オノさんが監理しているのエリア。
「imagine」と刻まれたモニュメントが脇にあり、
世界中のジョン、ビートルズファンがいつも訪れている。

ジョンが住んでいた「ダコタアパート」はここのすぐ真横にある。

話は変わってーーー

僕の友人に「ツイチ」というあだ名の男がいた。

彼はかわいい顔しているくせに九州男児まるだしの性格で、
でも音楽の才能に溢れたヤツで、
そう、こと音楽に関しては「天才」だった。

あるレーベルからデビューも決まって、
デビュー曲の評判が凄く好評で、
デビュー前コンベンションライブも大盛況で、

「さあっ!」って時、

ある年の夏の終わりに、

彼は死んだ。


彼は死を選んだ。


あまりにも突然で、

あまりにも訳がわからなくて、

僕は、それを受け入れられなかった。

その年の冬、
僕は仕事でN.Yに行った。

行きの飛行機の中で、彼の「CD」を何度も聴いていた。

冬のN.Yはかなり寒い。
僕はいつものように時間をやりくりして、
吐く息も白い早朝、セントラルパークに向かった。

セントラルパークは霜が降りていた。

僕は「ストロベリーフィールズ」の柵を越え、
ダコタアパートから見下ろせる、大きな木の根元に、
彼の「CD」を埋めた。

僕はN.Yに行くたびに、
セントラルパークにある「ストロベリーフィールズ」に行く。
ここはジョンの奥様、ヨーコ・オノさんが監理しているのエリア。
「imagine」と刻まれたモニュメントが脇にあり、
世界中のジョン、ビートルズファンがいつも訪れている。

そしてそこの大きな木の根元に、
「ついち」の作品が埋まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

男の花道

不器用だが、愛すべき男がいる。

横浜Fマリノス・松田直樹。

彼はマリノス一筋に生き、
マリノスを愛し、
生きてきた。

しかし、一本気な男気な性格故、
時々他人とぶつかってきた。


ぶつかるのは決まって「上官」

仲間を、
サッカーを
マリノスを愛するが故、
ぶつかってきた。

その男が今日、
マリノス最後の日を迎えた。

「戦力外」


昔、等々力競技場で見た試合。
フロンターレにぼこぼこにされて負けた試合。
GKが退場になって、
もう交代がいなくて、

松田は自らGKをかってでた。

マリノスを愛するが故。

そんな男の最後の花道。
不器用な男の最後の花道。

今後、どんな生き方をするのかな。

まあ、

変わらんよな。


松田直樹。

ロックだぜ!


Gk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

知らないことを知りたいだけさ

僕は、旅が好きである。

理由は、

知らないことを知りたいから(笑)


世界には自分の「物差し」では計れないものが沢山ある。
それを感じたいだけ。

そして恐らく、
そこで見て聞いて感じたことは、
どんなに饒舌で演説上手な人でも、
他人様に伝えることは出来ない。

だから自分で行くしかない。

スコットランド・エジンバラ。
街の中心街にある展望台。
そのスケール感、凄かった。

そこに、作りかけの神殿っぽいモニュメントがあった。

なぜ、作りかけかと尋ねたら、
 
「予算がなくなったから」だって(笑)

Img_1107


その展望台のそばにあるエジンバラ城。
それはね、うん、「カリオストロの城」に似ている!
スゲー迫力と奇怪さだった!


P1020373

旅、イイネ。
皆さんは旅、好きですか?

どこか、いいところ、知ってる?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »