« 支援と応援 | トップページ | 祈る »

2011年7月26日 (火)

ありがとう

今、部屋で少々懐かしい邦楽曲達をipodで聴いています。

先日、47歳の誕生日を迎えました。
とても多くに方に祝っていただきました。
祝いの言葉をいただきました。
今はその感慨に浸って、思い出しながら、この文章を記しています。

思えばアルバイトでCBSソニーの宣伝部で働き出したのが21歳の時。
それから42歳まで音楽業界でお世話になりました。
その間に経験した事、見聞きしたこと、
知り合った方々、訪れた街、街、街、
今以て私の財産です。
何事にも代え難い財産。
あらためて、感謝いたします。

昨年、友人がオーナーを務める現店に来てから、
私のテーマは「再会」でした。
本当に有り得ないくらいの再会に直面し、
最初は困惑し、自分の人生に疑心暗鬼になるほどの素敵な出会いの多さに戸惑いました。

過去を振り返るのはあまり好きではありませんが、20年以上、音楽業界で我が儘勝手に生きてきたこんな私の事を覚えてくださって、かつ、会いに来てくださって、昔話を語り合ってくださって、「ああ、人生って悪くないなあ」と心の底から思えたものでした。
訳あって業界を離れましたが、何か、報われた想いに胸がいっぱいになりました。

そんな私が、本当にお世話になった恩師、いや、「オヤジ」がいます。
仮にY社のG社長としておきます。

私はG社長のおかげで今ここに生きていられると思っています。
そしてまだ何も恩返しが出来ていません。
恩返しが出来る状況にまだ私がまだなっていないのでごめんなさいなのですが、必ず僕が生あるうちに恩返しをさせていただこうといつ何時も思っております。

そのG社長の言葉で、
今も忘れられない言葉があります。
そして、その言葉は私の「Word of LIFE」でもあります。

今から9年前、私の仕事仲間が亡くなりました。
亡くなった彼のお通夜、そして葬儀も粛々と進行し、我々は火葬場に向かいました。
お骨になるまで我々は食事と献杯をいたしました。
献杯の発声はG社長です。
社長はこう言いました。
泣きながら、泣きじゃくりながら、こう言いました。

「人生とはハートブレイクの連続です」

人生とはいったい何でしょう?
あまりにも大きく、あまりにも抽象的で、拡大解釈出来すぎる言葉なので返答に困る質問ですよね。

でも私は即答します。

「人生とはハートブレイクの連続」です。

G社長は業界関係者で知らない人がいないほどの方です。
今から40年ほど前から業界の最前線で活躍されていて、
時代を作り、時代に名を残している方です。
その大層な方が、そう言うのです。

そして非常に僭越ですが、私のようなごくごく一般的な人生を送っている私もそう思います。

この言葉の解釈には先があります。

「人生とはハートブレイクの連続」です。
が、それでも明日はやってきます。平等にやってきます。
そこからは逃れられません。
何が起ころうとも、やってくる明日に向かって進まなければいけません。
その尺度は1mmかも知れません。
三段跳びで数mかも知れません。
どんな尺度でもいいから、進むのです。
この先、ハートブレイクが連続してやってくるとわかっているのに我々は進むしかないのです。

では、ハートブレイクに向かっているのに、それが素晴らしい人生なのか?

その答えはわかりません。
いや、敢えて私は答えを出しません。
素晴らしかったかどうかは、最後に考えましょう。

今は、

ハートブレイクの連続だけど、
その合間に時々起こる「幸せ」を感じる為に、
もがいていこうと思っています。

3日後、9年前に他界した仲間の命日がやってきます。
彼は、もう「ハートブレイク」すら感じられないのですね。

だから、生ある僕らは「ハートブレイク」から何かを学び、
いや、たとえ学べなくとも、
必ずやってくる明日に向かって走るしかないんですね。

47年間、ハートブレイクの連続だった人生ですが、
その中で出会えた全ての方々に最大の感謝を。
あなた方に出会えたから、
まだまだ、何とかやっていけそうです。

そして、いっぱい迷惑かけてごめんね。
こんな私でごめんなさい。

これからも、図々しく、よろしくお願いいたします。

本当にありがとう。

|

« 支援と応援 | トップページ | 祈る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428290/40963847

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう:

« 支援と応援 | トップページ | 祈る »