« 素敵なアソビ人 | トップページ | ありがとう »

2011年7月22日 (金)

支援と応援

サッカー日本女子代表、
通称「なでしこジャパン」のワールドカップ優勝。
長い間、日本サッカーをみてきた僕にとってはとても感慨深く、そして、奇跡とも言える快挙に驚きと感動をしている。
本当におめでとう。そしてありがとう。


僕はこの「事件」に際して思うところがあった。
実は沢山沢山、思うところがあったのだが、ここでは1点だけ述べる。

「応援と支援」に関して、です。

どちらの言葉も「助け、支える」ことなのだが、
結論から言えば、そして誤解を恐れずにいえば、
僕らは本当に応援していたのだろうか?
そして、
これからは、応援だけではなく支援しなければいけないのではないか?


この快挙を僕らはテレビで見届けた。
深夜、テレビのスイッチを入れればいとも簡単に現地ドイツから送られてくる映像をビール片手に観られ、声高らかに応援できた。

簡単である。そして、安く、そして無責任に。

ん???

これって応援かな?

意地悪な見方をしたら、なでしこジャパンの活躍を観て、
僕ら自身が好き好んで楽しんでいたのである。
お気に入りの映画を観るように。
お笑い芸人のTV番組を観るように。

これって応援かな?

逆に、

僕らが、彼女たちの頑張りに「応援」されていたんじゃないかな?
僕らが、彼女たちの活躍に楽しませてもらったんじゃないかな?

だから、僕はなでしこジャパンに「ありがとう」と言いたい。

さあ、これからだ。
ワールドカップ優勝はしました。
しかし、奇跡的になんです。
彼女たちの実力、経済力、認知力はまだまだ、なのです。
そんな彼女たちに励まされ、楽しませていただき、貰ってばかりのぼくらは、逆に彼女たちを励まし応援し、出来れば支援したくなりません?

そう思ったら、僕らが出来ることは、

・リーグ戦を観に行く。
・代表戦を観に行く。
・グッズを買う。

ことだと思うんです。
もっと組織的な立場の方であれば資金的スポンサードもあるでしょう。
でも個人的立場なら、まず生の試合を観に行きませんか。

僕らは、3.11以降、幸せや平和はただ黙っていては手に出来ないということを多少は感じたはず。
同じく、娯楽や感動をいただいたらそれらに対して具体的にお答えしていく習慣、日本人は持っているはず。

「お返し」の文化、ってやつです。

なでしこジャパンに、僕らは「お返し」するべきでは?

そうすることによって、
日本女子サッカー界の援助支援、復興の手助けになるのです。
あの感動をまた味わいたければ、
その手助けは、僕らの手でできるのです。
女子サッカー、応援しましょうよ。
支援、しましょうよ。

1997年、日本サッカーが初めてワールドカップ出場を決めた夜、当時代表最年少の中田英寿氏は言いました。

「これからはJリーグを応援してください」

ぼくらに出来ること、沢山あります。
僕らがまた感動を貰うために、
勇気を貰うために、
「応援、支援」しませんか。

あ、もちろんこれはサッカーに限った話じゃありません。
何でも、いいんです。
自分が好きなこと、感動したこと、何かを「いただいたこと」に対して、です。

好きなミュージシャンがいればCD買ってDLしてライブに行くよね。
好きな作家がいればその作品買うよね。
映画、観に行くよね。
すべて対価としてお金が動いています。

澤選手は日本の宝。
言い換えれば、作品でありアーティスト。
だから彼女を観たければその対価を僕らは支払うべき。

ちょっと言い過ぎたかな。
まあいいや。

だから僕は、女子サッカーも観に行きます。
お気に入りの熊谷選手はドイツか、遠いな(笑)
9月1日から始まるロンドン五輪最終予選は中国での開催か。
その前に8月21日に壮行試合があるかも知れない。
皆、資金援助、しようよ!

思いっきり楽しませていただいたお礼に。
また今後も楽しませて貰うための支援のために。

|

« 素敵なアソビ人 | トップページ | ありがとう »

コメント

立派なブログコメントですね。
借金早く返して下さい。
fbに伝言残しています。

投稿: | 2011年7月26日 (火) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428290/40913854

この記事へのトラックバック一覧です: 支援と応援:

« 素敵なアソビ人 | トップページ | ありがとう »